悪化を防げば皆がシアワセ!フェルラ酸サプリで認知症を改善

レディー

抗がん作用のある健康食品

男の人

医療現場でも活用

フコイダンは、フコースという単糖類がつながることでできる多糖類です。これには、フコースのみでできているものもありますが、それ以外の物質が入り込んでいるものもあります。そしてその中で、アルギン酸とグルクロン酸とが含まれているものには、抗がん作用があることが明らかになっています。実際に、採取したがん細胞にこのフコイダンを与えたところ、がん細胞がわずか2日で力を失ったというデータも出ています。そのためフコイダンを加工して作った健康食品は、医療現場でも活用されるようになっています。フコイダンによってがん細胞を衰えさせれば、手術の規模を小さくしたり、抗がん剤の投与期間を短くしたりすることが可能となるのです。

アポトーシスを促進

なぜフコイダンの健康食品を利用すると、がん細胞が衰えるのかというと、アポトーシスが促されるからです。アポトーシスとは自然な流れとしての細胞死のことで、正常な細胞は全てこれをおこなっています。つまり、誕生してから日々細胞として働き続け、やがて力を失い、自然に消滅していくのです。ところががん細胞は、このアポトーシスをおこないません。自然に消滅しないということは、分裂を続けて際限なく増えていくということです。この点が、がん細胞が異常細胞と呼ばれている理由となっているのです。そしてフコイダンを摂取すれば、がん細胞も正常な細胞と同じようにアポトーシスをおこなうようになります。そのため継続的な分裂による異常な増殖を防ぎ、がんの治療効果が出てくるのです。