悪化を防げば皆がシアワセ!フェルラ酸サプリで認知症を改善

レディー

健康的な血液や脳のために

栄養補助食品

血中の脂肪濃度が低下

DHAは、血中の脂肪濃度を下げる効果があることから知られている、多価不飽和脂肪酸です。不飽和度が高いため、それ自体は常温では固まりませんし、血中の脂肪をも固まりにくい状態にします。そのためDHAを多く摂取すると、血中に脂肪が留まりにくくなり、濃度が下がっていくことになるのです。脂肪濃度が高いと、それだけ血液は流れにくくなり、血管内に付着しやすくなります。特に、流れる血液の量が多い冠動脈では付着しやすく、それにより詰まりが生じることがあります。これが狭心症や心筋梗塞の原因となるので、これらを防ぐためにDHAの摂取を心がけている人は多くいます。また、摂取により血液が流れやすくなると、血流による消費カロリーが増えることになります。そのためDHAは、ダイエットのためにも摂取されています。

記憶力や学習能力の向上

血液は、体中に栄養分を運ぶために流れているので、DHAによって血流を良くすることは、全身の栄養状態を良くすることにつながります。栄養分は当然脳にも運ばれますし、DHA自体が脳に栄養分として使われるので、摂取すれば脳の働きが良くなります。そのためDHAの摂取は、記憶力や学習能力を向上させるためにも効果的とされています。特に高齢者が摂取した場合には、脳の神経細胞の衰えが防がれやすくなり、それにより認知症の予防効果が出てきます。また授乳中の女性が摂取すると、母乳を介してDHAが赤ちゃんの体内にも流れ込んでいきます。これにより赤ちゃんの脳の発達が促され、知能指数の高い子供に育つ可能性が上昇します。このように脳にも良い影響を与えることからも、DHAは注目を集めています。